▼お薦めサイト一覧

椎間板ヘルニアの方は
椎間板ヘルニア手術NAVI
ご覧ください。

五十肩でお悩みの方は
五十肩治療の専門サイト
ご覧ください。

すべり症の方はこちらの治療法がお勧めです。

長距離運転のコツ

普段長距離の運転をする機会が少ないと、長距離運転をすることになった時、どんなことに気をつければいいのか不安になる人も多いです。

特に長距離でよく利用する高速道路は信号の多い普通の道路とまた違った雰囲気がありますし、そんな道路をひたすら長距離運転するのは疲れてしまいそうです。

そこで、長距離運転のプロ、トラック運転手の方がお話してくれた長距離運転のコツについてご紹介します。旅行や帰省の時しか長距離運転はしないという人は、長距離のプロのお話を参考に、疲れにくい長距離運転のコツを実践してみてください。

まず大事なのはシートの調整です。シートにしっかりと深く腰掛けた状態でアクセルとブレーキを踏み、足が伸びきらない位置にするのがベスト。押すたびに思いっきり足を伸ばすことになるのは、確かに疲れそうです。

次に、背もたれです。先ほどのシートの位置の状態のまま背もたれを起こして、腰にしっかりとフィットする位置を探してください。

走り始めるとシートの調整はできませんし、長距離運転の最中はずっとシートに座りっぱなしです。ですから、シートが疲れにくい位置に調整されているかどうかというのは長距離では非常に重要なのです。

長距離を走行する際には、一定の速度を保って、周りの流れに逆らわずに進むのが良いです。速度を速めれば長距離でも短い時間で到着できますが、スピードを上げればその分だけ神経を使います。

また、周りと違う速度で走っていると、別の車を抜くために追い越し車線に行ったり戻ったりと、車線移動が増えてこれもまた疲れの原因になります。

他にも、周りの車と違うスピードで走っていると、適切な車間距離を取るのにも余計な神経を使うことになります。集中力を必要とする走行を続けていては、疲れがたまるのも当然です。

また、無理に急ぐような事態を避けるために、予定は多少の余裕を見て決めるようにしましょう。実家に帰るのなら時間はさほど気にしなくても良いでしょうが、宿に泊まる場合や何かのイベントを目当てにしている場合には走行予定時間+20%の余裕を作って計画を立てるようにしてください。

スピードを上げることで少し時間を短縮できたとしても、結果的には、かえって疲れてしまうということになります。せっかく遊びに行くのに到着したらぐったり疲れ切っていた、では楽しい旅行も残念なことになってしまいます。

また、長距離の場合は実は休憩を取りすぎるのも疲れの原因になります。もちろん適度な休憩は必要ですが、パーキングエリアを見かけるたびに一旦休憩なんてことをしていたら、なかなか目的地に着かずに時間がかかります。

いくら途中休憩を挟んでいても、パーキングエリアやサービスエリアではのんびり足を伸ばすような休憩はできません。結果的に、疲れを溜めた状態で長距離を走行し、到着した時には余計にぐったりしてしまうことになるのです。

長距離の場合どの程度で休憩を入れるのがちょうど良いのかは個人差があるので一概には言えませんが、1~2時間に1度くらいの頻度を目安にするといいでしょう。

また、サービスエリアなどで休憩を取る際には、必ず下車するようにしてください。長時間同じ姿勢を取り続けるというのはエコノミー症候群の心配もありますし、ずっと同じ姿勢で座っていると血流が悪くなってしまいます。

長距離では足だけでなく、上半身もハンドルを握って同じ姿勢を長時間続けているので筋肉が凝り固まっていると思います。そういった状態のまま走行を再開すると疲れが溜まりやすくなりますから、一旦車から降りて、軽くでいいのでストレッチをして身体をほぐすようにしましょう。

高速道路の場合には、変化の少ない道を長距離走ることで眠気に襲われることもあります。睡眠不足の状態で出発するのは大問題ですが、しっかり睡眠を取っていても眠くなることはあります。そういった時の対策用に、ガムや目薬、カフェインなどを用意しておくことも大切です。

お薦めサイト一覧

脊柱管狭窄症でお悩みなら脊柱管狭窄症.jpへ。

変形性膝関節症でお悩みの方は変形性膝関節症.JPをご覧ください。

頚椎ヘルニアの治療でお悩みの方は頚椎ヘルニア治療NAVIをご覧ください。

新着情報

 2014年02月05日:事前情報で長距離運転をもっと楽しく
 2014年02月05日:眠気は運転の大敵
 2014年02月05日:休憩のタイミングと長距離運転
 2014年02月05日:健康的な生活で便秘を解消
 2014年02月05日:健康グッズ
 2014年02月05日:健康的な生活を送る
 2014年02月05日:漢方を使って健康を維持する
 2014年02月05日:お問合せ
 2014年02月05日:運営者情報
 2014年02月05日:ご質問